宿泊先で困ること

合宿免許で免許をとるには、約2週間かかります。その間、決まった宿泊先で過ごさなければいけないわけですが、場合によっては困ったことも出てくるでしょう。

まず考えられるのは、その土地が不慣れであることです。通学自体はさほど距離があるわけではないので、特に問題はありませんが、実際の運転のときに土地勘がないのは困ります。また、せっかく実際の道で練習できる期間なのに、いつもの道路で運転できないのは少々残念にも思われます。

しかし運転技術は、道路の交通量で変わるものではありません。距離を走れば走るほど、技術は習熟しますので、地方であっても同じカリキュラムをこなす以上は、技術の違いはありません。また、当然ですが仮免許中は教官が助手席に乗っていますので、知らない道で困ることもないでしょう。

よく言われるのが、雪国で合宿をした場合のメリットです。普段雪が降らない地方の教習生も、合宿中に雪道の運転を体験することで、その注意点や技術を身につけることができるからです

合宿中に病気になったり、怪我をしてしまったりした場合は、すぐにスタッフに相談しましょう。教習生を預かる教習所ですから、怪我や病気に対する体制はしっかり整っています。念のため、保険証かそのコピーを用意しておくとよいでしょう。

民宿で合宿免許

合宿免許のメリットの一つは、約2週間という短い期間で効率的に免許を取得できることです。しかしそのためには、ある場所に泊まり込んでカリキュラムをこなさなくてはいけません。気になるのはその宿ですが、ホテルやペンションなど、教習所によってさまざまな施設があります。

教習所の中には専用の寮があるものもあり、そうした場合は他の教習生と相部屋になることもあります。友達と一緒に申し込めるプランもあるので、入学時に申し出ておけば、合宿期間を一緒に過ごすことができます。もちろん、シングルルームの用意がある教習所もたくさんあるので、一人で過ごしたい方は直接問い合わせてみましょう。

また最近では合宿自体を楽しめるように、郷土料理がいただける民宿に宿をとるものもあります。旅行気分も味わえて、一石二鳥のプランとなること間違いありません。

基本的に、宿から教習所までは近い距離であることが多く、徒歩で通えることが大半です。距離がある場合でも、スクールバスなどが用意されているので、通学で困ることはほぼないでしょう。

合宿免許の宿までの交通費は、卒業時に返還されることがほとんどです。行きの交通費は立て替えになりますが、あとで返還されます。合宿費用の中には三食の食費も含まれているので、合宿中の生活費に関してはほぼ心配なく過ごすことでできます。

合宿免許の宿泊先

短期間で効率的に、しかも安価で免許が取れる方法があります。いわゆる合宿免許というものですが、どのように、どのような場所で合宿をするのか興味はありませんか。合宿免許では、一般的な通学型の教習所で学ぶカリキュラムを約2週間で習得します。その間宿に泊まり込みで、決められたスケジュールをこなさなくてはいけません。

宿は教習所が用意しているので、教習生が自分で探す必要はありません。ホテルの部屋や民宿など、教習所によっていろいろ違いがあります。民宿に泊まれるプランなどもあるので、旅行気分で合宿免許を利用するのもよいでしょう。部屋は相部屋、シングルなどさまざまなので、自分が行きたい教習所の宿がどのようなものか、あらかじめ調べておくことも大切です。

合宿免許の教習所には、郊外の交通量が少ない場所にあるものがあります。そうした場合、都市部と違って落ち着いた気持ちで仮免許の練習ができます。まったく知らない土地であっても、教官が指導してくれるので、道に迷う心配はありません。

自宅を離れ、知らない土地での合宿ですので、期間中には不安になることもあるでしょう。トラブルは、早めにスタッフや教官に相談するのがベストです。怪我や病気に対しても、教習所がきちんと対応してくれます。

合宿免許は、免許取得に時間もお金もかけたくない方にぴったりのシステムです。このサイトでは、合宿免許を安心して利用できるよう、合宿先の宿について説明しています。

情報サイト・・・合宿免許